Resources & 3R Revolution(RRR)は、金属資源にまつわる様々な社会的問題に若者として取り組むプロジェクトです。

HOME > レアメタルを取りまく問題 >採掘における環境破壊

レアメタルを取りまく問題
■ issues

資源開発には,多かれ少なかれ環境・社会影響が伴います。生態系への影響や地元住民・先住民への配慮,労働争議等,対応を誤れば大規模な反対運動や認可取り消しに繋がりかねません。

●資源供給リスクのひとつ

 資源保有国の中には,こうした環境・社会的影響を大義名分として,外資系の開発企業に対し戦略的に許認可を変更してしまうところもあります。サハリンⅡの事例などは有名ですが,こうした行動は”環境ハラスメント”とも呼ばれ,資源供給リスクのひとつとなっています。

●鉱廃水の問題

 鉱山から流れ出る廃水は,往々にして強酸性であったり有害物質を含み,採掘が終わってからも半永久的に流れ続ける場合があります。当然こうした廃水は適切に処理をしなければなりませんが、そのためには大きな費用がかかります。もはや価値を生み出さない旧鉱山が多額の廃水処理費を消費し続ける構造は,自治体等の財政の圧迫要因にもなっており,根源的な対策や処理費を抑えた”受動的な”廃水処理技術が国の機関などにより現在研究されています。